イベントフォトアルバム

2017年6月 第154回理事会・第87回定時評議員会

6月22日(木)第87回定時評議員会が開催され各議案や変更内容を報告及び説明させていただき、滞りなくご承認いただきました。その後、第154回理事会も開催され、 理事長の選定についての議案は満場位置で承認され光宗理事長へ引き続きお願いすることとなりました。又この会では、小銭純宏評議員が妹尾・箕島地区における長年の貢献・功績が認められ春の叙勲を受けられたことをお祝いさせていただきました。

2017年度 辞令交付式及び永年勤続表彰

平成29年度、新採用職員5名が入社いたしました。新採用代表として美作大学出身の中畑様により挨拶をしていただき、 今年入社の5名と協力し、社会人としての自覚を持ち業務に臨みたと熱い決意を述べられました。

巌井保育園慰問

2016年9月に地域の巌井保育園との交流会があり、特養から6名の方が参加されました。一緒に歌や手遊びをしたり、職員の用意したクイズに園児が答えたり、 保育園の先生の手品に喜んでいる園児の様子をみて大いに元気をいただきました。

2016年6月 ストレスチェック研修会

2015年12月に事業主は従業員に対しストレスチェックの実施が義務化されました。当法人でも過重労働対策や活力ある職場づくりの第一歩として(一財)淳風会へ依頼し、全職員に対し 実施し、この度、淳風会メンタルサポートセンター(臨床心理心理士)の方に、診断結果を基にメンタルヘルスの基礎知識診断結果の見方、解消法をレクチャーしていただきました。

2016年4月 平成28年度 辞令交付式及び永年勤続表彰

今年は10名の新人さんが新たな仲間に加わりました。全員介護の資格を持ち、最新の介護知識を学んだ大いに期待を寄せれる頼もしい新人さんです。辞令交付式では、新人を代表し浜崎さんが挨拶し利用者様のために頑張りたいと決意を表明いたしました。 又、永年勤続では20年が1名、10年が9名と淳風福祉会のために尽力された職員を表彰いたしました。

2015年10月「原 義人 会長 お別れの会」

15日(木)淳風会及び淳風福祉会合同で原 義人 会長のお別れの会が行われました。平日にも関わらず、たくさんの方が会長を慕ってご参会くださいました。会では、会長を偲ぶとともに会長の歴史を写真で遡り、思い出話に思わず笑顔や涙とそれぞれの思いが溢れていました。

2015年10月「鬼からの贈り物」

10日(土)若宮園及び若宮老人保健センターへ茶屋町から鬼が【ヤクルトジョア】のプレゼントを持ってきてくれました。突然、現れた鬼はポケットからジョアを取り出し、「はい、どうぞ」と 何をくれたのか恐る恐る手に取り【ジョア】と気づくと思わずにっこりされていました。

2015年9月「若宮園合同敬老会」

19日(土)に行われました若宮園合同敬老会では70(古希)・77(喜寿)・80(傘寿)・88(米寿)・90(卒寿)・99(白寿)・100(百寿)以上の方々がお祝いされました。 若宮の杜ができたこともありますが、3年前(2012年)の敬老会と比較し、何と今年米寿の方が23名と約2.5倍と増え、長寿のお祝い該当者総数も63名と約1.6倍になりました。スタッフ一同 「みなさんに毎日元気で楽しく過ごしてほしい」と一生懸命、日々生活援助させていただいた結果なら、うれしい成果です。

2015年8月「第33回 若宮園/若宮の杜 夏祭りの夕べ」

若宮園としては33回目の夏祭りではありますが、若宮の杜としては記念すべき第1回目の夏祭りとなりました。同時開催で行った祭りは会場を分けて行い、杜はご家族とご入居者専用の会場とさせていただきました。 どちらの会場も慰問の活気と屋台の熱気に溢れ参加されたご利用者も一般参加者様も満足されたのではないでしょうか。特に花火は南区では珍しいのと、間近での炸裂の衝撃・体感は他の花火大会では味わえないものがあります。今年もバザーや屋台の売り上げ、赤い羽根募金での収益金は全額寄付させていただきます。来年もお楽しみに!

2015年6月「岡山県知事 施設見学」

伊原木県知事が自分の足と目で福祉の現場を見たいと言うことから施設見学が提案され、多様な福祉施設がある淳風福祉会が選ばれ施設見学が実現されました。 見学中は、若宮老人保健センターのリハビリ機器を試乗し、若宮園デイサービスでは、書道教室をご利用者とともに体験され、岡山県の推薦用語?「もんげー」を書かれました。 この度の見学で、高齢者福祉施設の実際の現場をご覧いただき、福祉業界の現状も知っていただいたことにより、今後のさらなる福祉の向上につながればと願います。

2015年6月「実践!【接遇力】向上研修」

今年度新人職員をメインに外部講師をお招きし、第1回ビジネスマナー研修を行いました。社会人の心構え、身だしなみ、挨拶、名刺交換など知っているようで知らないことや、第一印象の重要性やプロとして働くことの7大意識など学びました。 計5回の研修を行い、1年後、3年後にどのような人間になっていたいか目標を定め、しっかりお客様対応のできる職員に成長してもらいたいと思います。

2015年5月「第145回理事会・第81回評議員会」

平成27年5月理事会・評議員会が行われました。今回から5名の評議員が入替り、平成26年度事業報告及び決算報告に理事の改選など4議案について審議され、滞りなく承認されました。

2015年4月「平成27年度辞令交付式・永年勤続表彰」

新施設 若宮の杜で入社式及び辞令交付式を行いました。今年度は、介護職員14名と管理栄養士1名の新採用職員が入社し、新人代表として前田さんが挨拶を行い、淳風福祉会へ新たな仲間が加わりました。

2015年3月 認知症リハビリ

若宮老人保健センターでは、薬に頼らず認知症の症状を改善する効果があるリハビリを理学療法士・作業療法士・言語聴覚士により入居者様や通所リハビリの利用者様と取り組んでおります。認知症リハビリを行うことができる施設は全国に約4千施設ある老健で、どこでも行うことができるわけではありません。 人員配置上の問題などある程度の条件が整っている施設のみ提供することができるサービスです。利用者様の得意分野を伸ばし選択できる楽しいリハビリ通じ、当法人の若宮園デイケアや若宮園デイサービスで食事・入浴・リハビリと有効な時間を過ごしませんか。

2015年2月「おかやま子育て応援宣言企業」岡山県知事賞授与されました。

平成27年2月19日 岡山県庁特別応接室にて平成26年度県知事賞贈呈式が行われ、岡山県内で応援宣言を行った企業484社の中から当法人の取り組みが評価され伊原木県知事より表彰状を授与されました。 当法人の取り組みは、女性はもちろん男性育児休業の取得・推進の環境づくりや箕島学区及び近隣の小中学校生を対象とした施設見学・ボランティアを通じ利用者様とのふれあい教室を開催など、地域のつながりと 勤務環境では、「お互い様」の職員同士の理解ある配慮と勤務しやすい環境づくりが評価されました。

2014年12月「おもちつき」

平成26年12月28日 若宮園小ホールにて合同おもちつき大会を行いました。不思議と臼と杵を目の前にすると元気がでる男性陣、餅とりこを撒き千切ってこねる用意をする女性陣とに別れ おいしいおもちが出来上がりました。

2014年12月「お飾り作り」

平成26年12月19日 妹尾地区民生委員さんの協力のもと、お正月を迎えるにあたりお飾り作りを行いました。「藁を束ねる、結う」を器用に行う民生委員さんに手ほどきしてもらい、一緒に作り上げました。妹尾民生委員の皆様ありがとございました。

2014年9月「特別養護老人ホーム若宮の杜竣工式」

平成26年9月20日(土)14:00~特別養護老人ホーム若宮の杜竣工式が行われました。式には早島町 町長 中戸哲生氏をはじめ岡山県老人福祉施設協議会 会長 筒井 恵子氏など105名の 来賓の方がご多忙の中わざわざ足を運んでくださりました。今日の日を無事迎えることが出来たのもひとえに皆様方の暖かいご支援の賜物と深く感謝致します。これを機に職員一同心を新たにして入居者様の満足向上の為に努力致します。

2014年8月「第32回 若宮園 夏祭りの夕べ」

今年の週末はことごとく雨、夏祭り当日の8月23日(土)も台風の影響で危ぶまれましたが晴れました。やっぱりお祭りは野外が良い。写真からも伝わると思います。屋台では多くのボランティアの協力もあり13店舗多種多様なおいしい食べ物をご用意しました。 ところで写真の風船ですが今年はどこまで飛んで行ったでしょう。数週間後に小学生の女の子から返信が届き職員もびっくり!答えは広報誌「そよかぜ52号の秋号」をご覧ください。

2014年5月「平成27年度新採用職員」就職説明会

平成27年3月卒業見込み新採用職員を対象に第1回法人説明会がケアポートで行われました。6月実施の採用試験に向け大学生及び専門学生の方が淳風福祉会の福利厚生や給与体系、教育制度について熱心に説明を 受け吟味されておられました。8月現在、おかげさまで12名の新卒者の内定が確定しております。

2014年4月「平成26年度辞令交付式・永年勤続表彰」

平成26年度採用職員の辞令交付式が行われました。今年度は若宮の杜の開設もあり、例年より多く、法人全体で15名の新職員が採用されました。 当法人にとっては淳風ライフケアポート開設以来、14年ぶりに大きな風が吹く年度であり、記念すべき年の新職員です。職員全体で施設を盛り上げ、地域に貢献できる職員へと成長してもらえればと思います。

2014年2月「若宮の杜 棟上げ祭」

平成26年2月28日は大安の日ということで棟上げが行われました。棟上げとは、一般住宅であれば昔は餅投げを行い挨拶代わりや感謝の気持ちを表したりする行事ですが、現在ではめったに見かけない光景となりました。 当法人も特別なことはしていませんが、寒い中建築・工事に携わる現場監督や大工さんに感謝の気持ちを込めました。

2013年12月「若宮の杜 地鎮祭」

平成26年10月開所予定である若宮の杜の地鎮祭が行われました。近隣町内会・箕島学区・設計・建築など30名程の関係者が集まりました。工事は年明け早々始まる予定です。

2013年12月「創作活動 お飾り作り」

妹尾地区民生児童委員の皆さまの協力がありお飾り・しめ縄作りを体験しました。昔は大半のご家庭で手作りされていたことなど昔を振り返りながら、 現代のお正月と過去のお正月との変貌ぶりを語られていました。

2013年11月「おもちつき」

11月29日 男性職員3人がかりで重たい石臼を運び、杵に体重をかけ蒸らしたもち米をすばやくつぶす。そして打つべし!打つべし!

2013年9月「フラレンジャー慰問」

9月25日(水)若宮園にて女性7名によるフラダンスの慰問がありました。アンコールを含め8曲披露して下さり、参加入所者様はもちろん、男性職員もよろこんでいました。

2013年8月「第31回若宮園夏祭り」

全国的に今年のお祭りは雨に祟られていたのか、中止になるケースを多々ニュースで拝見しました。当法人も他人事ではなく法人開設以来32年間で初めて雨のための規模縮小の上、室内型夏祭りへプログラム変更を行いました。 やや手狭ではありましたが、写真のとおり慰問や職員の出し物で大盛り上がりな雰囲気が伝わってきます。バザーで協賛してくれました業者様やご家族には申し訳ありませんが、活用しきれなかった協賛品等は、秋に行われるケアポートの秋祭りで活用させていただきたいと 思います。また、募金やバザーでの売上金につきましては赤い羽根共同募金へ全額寄付したいと思います。

2013年7~8月「旭ヶ丘地域貢献への取組」

旭ヶ丘では、H25年度より地域貢献への取組の一環として「地域貢献の為の場所の提供及びボランティア等の呼びかけを行っており、 慰問や保育園、学校、協会など多種多様な団体から協力を得て福祉の窓口として取り組んでいます。

2013年5月「就職者向け法人説明会」

5月18日(土)2014年3月卒 新採用職員向けの法人説明会を淳風ライフケアポートにて行いました。総勢28名の学生がご参加してくださり、当法人への理解を深めていただくために理事長のメッセージから始まり、求人要項や職員の経験など生の声を聞いてもらい 写真をみながら年間行事や業務をイメージしてもらいました。淳風福祉会の思いが伝わり、一緒に働けることを願っております。

2013年4月「平成25年度辞令交付式・永年勤続表彰」

今年度の新採用職員9名と昇格者の辞令交付と永年勤続者10年及び20年の表彰が行われました。永年勤続では総勢17名の方が表彰されました。今までの尽力に感謝し、理事長よりお祝いの100,000円と表彰状が贈られました。 新採用職員もまず10年と言う節目を目標にし頑張る意欲を燃やしていました。

2013年1月「新年互礼会」

仕事はじめである4日に職員互礼会が行われました。理事長挨拶では岡山市に提出していた施設整備計画が承認されユニット型地域密着型特養の準備・整備等本格的に始動できることもあり 法人にとっても在職員にとっても重大な年の始まりであると説明があり、現施設及び新施設共にチーム若宮・旭ヶ丘で力を合わせ日本1の施設を目指そうと宣言されました。

2012年12月「淳風福祉会忘年会」

淳風福祉会2012忘年会が全日空ホテルにて行われました。箕島・万成事業所の職員総勢150人が参加されました。淳風福祉会10大ニュースで今年1年を振り返り、ビンゴゲーム で交流を図り、おいしい食事で来年のスタミナ・やる気を養いました。

2012年12月「クリスマス会」

毎年の恒例行事であるクリスマス会が行われました。入所者様へのプレゼントに各部署職員による出し物を披露しました。身近な職員の普段とは違う雰囲気やしぐさ、 容姿に入所者様だけではなく職員からも笑いが起きていました。最後は、早島少年少女合唱団によるクリスマスソングを聞き楽しい一時を過ごしました。

2012年11月「慰問:やまびこ会・しょうこ」

11月は地域福祉活動グループやまびこ会及び歌手しょうこさんが慰問で来園されました。やまびこ会のアコーディオン演奏者:檜山武雄さんの合わせやすいリズムと歌手しょうこさんの波乱な人生記より生まれたやさしい歌詞に皆様聞き入っておられました。

2012年10月「旭ヶ丘秋祭り」

10月27日「第12回旭ヶ丘秋祭り」が開催されました。今年は、ちょっぴり肌寒い秋空の中、開催となりましたが、そんな肌寒さを吹き飛ばす催しがずらり!!大人のムードが漂う 「Fellow Jazz Club」による生演奏や、「ピリアロハ絆」による観覧者参加型ハワイアンフラの楽しいダンス、豪華景品の当たった!?「じゃんけん大会」等で、会場は盛り上がりました。 また、毎年恒例となっている「天まで届け!!風船飛ばし」により、ライフケアポート入居者様のメッセージが付いた200個の風船が空高く舞い上がりました。今年は何通の返事が返ってくるのか 、入居者の皆様方は心待ちされているようです。最後になりましたが、参加して下さった入居者様、ボランティア様、ご来場下さった方々様、誠にありがとうございました。

2012年10月「若宮団地子供会お神輿」

10月21日(日)この時期あちらこちらで見受ける子供神輿!五穀豊穣を願い町内会を練り歩きます。そのおかげもあり、今年も、台風は来ず、晴天も続き豊作の予想の稲作事情だそうです。早島町若宮団地子供会お神輿は若宮老人保健センター玄関前に鬼と共に来て下さり、長寿祈願をして下さいました。また、来年元気な姿で待っていますのでお待ちしています。
お出迎えをしていた入所者様たちは、鬼と握手したりかわいい子供たちとお話したりと楽しい時間を過ごさせていただきました。

2012年9月「若宮園合同敬老会」

9月17日(月)特養若宮園・若宮老人保健センター・若宮園グループホーム合同での敬老会が行われました。古希(70歳)1名、喜寿(77歳)5名、傘寿(80歳)6名、米寿(88歳)9名、卒寿(90歳)6名、白寿(99歳)4名、百寿(100歳)2名、101歳以上6名の方々、計39名に 淳風福祉会より記念品が贈られました。また、式典では妹尾にある御崎神社の神主様による長寿祈願が行われました。最後は、毎年恒例の慰問「松村有乃佳大正琴」による演奏が行われ、前半の粛々としたムードから一転、明るい朗らかなムードへと琴の音色が雰囲気を一変させてくれました。

2012年8月「第30回若宮園夏祭り」

「第30回若宮園夏祭りの夕べ」が開催されました。昨年は雨に見舞われ、スケジュール変更などで慌ただしい中での夏祭りとなりましたが、今年は天気に恵まれ、用意していた駐車場も満車となり、待っていただく事態にまでなりました。そのおかげもあり13店用意していた屋台は完売! 見応えのある呑海寺開山太鼓の鉢さばきにハワイアンフラの優雅な舞・聴き応えのある香川大学医学部サークル(エスポ)によるアカペラなど各種慰問のおかげで大いに盛り上がり、締めは大空に大輪の華を咲かせた大花火です。頭上で炸裂する大花火は通常の花火では味わえない臨場感あふれる若宮園の新たな名物となりました。ボランティアの方々や来園してくださった方々様、お暑い中 ありがとうございました。募金及び屋台・チャリティーバザーの売り上げは全額(159,469円)【24時間テレビ、愛は地球を救う】に寄付させていただきました。

2012年5月20日「第 4 回 淳風福祉会 職員親睦ソフトボール大会&交流会」

第 4 回淳風福祉会 職員ソフトボール大会&交流会が今年も開催されました。私ども職員間では『WRC』と呼ばれるこの交流会ですが意味はW=若宮園、R=老人保健センター、C=ケアポートと法人組織名称の頭文字から名づけました。 この企画も早4年目です。今年のメインはソフトボールより交流会での食材に力を入れ、今年採用された新人職員並びに参加職員に食べてもらい元気を出してもらえればと関係先より取り寄せた千屋牛の珍しい干し肉(写あり)及び高級カルビを振る舞い、みなさん喜ばれ交流会を終えることができました。

2012年5月「第132回理事会・70回評議員会」

平成24年5月24日(木)理事会・評議員会が開催されました。今回の議案は平成23年度事業報告、決算報告、理事の選任についてでした。若宮園の事業報告では、今年度より、特別養護老人ホーム若宮園の施設長となりました渡辺裕文氏より報告があり、ケアポートについては事務部長の中桐晃氏より報告され承認されました。 理事の選任では、現理事のケアポート管理者日下氏がH24.8月末をもって退任されるため後任の理事には塩出氏が選任され承認されました。また、ケアポート管理者の後任も滞りなく承認されました。

2012年4月「平成24年度新採用職員等辞令交付式」

今年度、新採用職員辞令交付及び永年勤続表彰・異動辞令が発令されました。30周年記念後、「新しい風」をモチーフに今年度の人事は、特養若宮園施設長、藤江敦夫氏から老健次長、渡辺裕文氏へとバトンがつながれました。 また、新採用職員及び永年勤続表彰では和やかな雰囲気の中、交付式が行われ写真撮影が行われました。下記の写真をご覧ください。

2012年4月「妹尾・箕島 桜祭り」

平成24年4月8日(日)毎年恒例の妹尾さくら祭りが例年より1週間ほど遅く開催されました。今年の桜の見頃は卒業というより入学シーズンに合わせた桜となりました。当法人の屋台には春休みを満喫している子供たちから暖かい陽気に誘われたご家族連れなど多数の方が 特製やきそばを求めて来て下さいました。用意していた600人前も開店4時間後には完売となりました。ボランティアで集まってくれた職員19名様ご苦労様でした。お買い求めくださった方々ありがとうございました。

年間イベントのご紹介・新卒者への先輩職員メッセージ

平成25年3月卒卒業予定学生へ先輩職員からのメッセージ集

旭川荘厚生専門学院出身・玉野総合医療福祉専門学校出身・岡山医療福祉専門学校出身・訓練学校出身と計6名の職員が就職で悩んでいる学生さんに当法人のいいところや福利厚生について等を より身近に感じ、淳風福祉会について知っていただけるようにメッセージを送っています。希望の画面をダブルクリックで表示が拡大されます。 ≪採用情報≫9月末まで求人応募を受け付けております。採用試験日は10月6日(土)9:15~となっています。お気軽にお電話下さい。

2012年3月「長期勤続優良職員顕彰」

当法人職員の南区西地域包括支援センター妹尾サブセンター:石井 裕子様(勤続30年)及び特別養護老人ホーム若宮園施設次長:田頭 寛子様(勤続20年)が多年にわたり社会福祉事業に従事し社会福祉の発展に貢献されたことにより岡山県知事より感謝状が贈られました。 写真は知事に代わり法人理事長より感謝状及び記念品を授与されている様子です。

2012年2月「節分豆まき」

今年の鬼はがっちり体系の青鬼と・背の高い赤鬼。鬼らしく迫力があり、楽しく笑顔の溢れる雰囲気の中【鬼は~~外】【福は~~内】入所者様の投げる豆(お手玉)には少し力が入っていたように思われました。しかし、最近のこの寒さ鬼も裸で追い出せれ、少し気の毒ですね。

2012年2月「広報誌新春号」

当法人で発刊しています広報誌【そよかぜ】です。平成24年2月で44号になりました。淳風ライフケアポートでの行事や若宮園での慰問等の月々での出来事を掲載しています。見やすくするために写真をクリックすると拡大表示されます。今後も淳風福祉会の情報を発信してまいりますのでよろしくお願いします。